ふとんのなかから

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫にかかったあとだらだらしている人のブログ

俺たち○○族(仮)!

1月6日に「そろそろオタクという言葉に限界が来てるから細分化作業しませんか?」と書いたが、偶然にもその二日後に行われた日本オタク大賞では各パネラーの思うオタクの定義なるものが披露されたらしい。ほらみろ、オタクという一語に何でもかんでもぶちこむのはもう無理なんだよ。というわけで誰も細分化しないので自分でやります。

現時点での4大分類

  • 鉄ちゃん←電車好きな人。たぶんオタク以外の公式名称を持つ唯一のオタク。
  • ドブネズミ←日本オタク大賞2004にて提唱される。エロパロ至上主義者。オタク全員ドブネズミじゃねぇかという説も。
  • フィギュア萌え族(仮)←言いがかりジャーナリズムの雄・大谷クンの妄想の産物。実構成員ゼロ人。
  • その他

その他があまりにも多すぎるよ!フィギュア萌え族(仮)は該当者いないし!まぁね、人のことはいいんですよ。自分の専門以外のジャンルなんて詳しく知らないし、外部からひとくくりしようとするとまたおかしなことになりますんでね。


だからとりあえず何でもいいから自称してみましょうよみなさん。戦って戦ってガンダムファイトを、じゃない、使われて使われて生き抜いた言葉が結果的に市民権を持てばいいんですから。


では私のような、海外アニメと海外ドラマが好きな人は何というのか考えてみましょう。分野が国際的なので「ナショナリスト」とか。民族差別しそうですね、却下。じゃあ海外モノが好きということで「海が好き!」ビックリマーク必須でお願いします。は、却下ですか。それなら…、といったところで?おっとー時間が来てしまいましたね。今回はネタに走ってしまいましたが次はまじめに考えたいと思います。それではここ蔵前国技館からお別れします。さようなら!


しかし色んなブログを見てると相変わらず”オタクでない人”を一般人とか一般ピープルと呼んでいるんだなぁ。その呼称自体がオタクという言葉の迷走そのものを表しているのに。