ふとんのなかから

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫にかかったあとだらだらしている人のブログ

パフィーのアニメ、米国で大人気 ジャパニーズ・クール!!

http://www.mainichi-msn.co.jp/geinou/wadai/news/20050315dde018200035000c.html

レジスター氏は「日本のアニメは、米国で紹介されている日本文化の序奏でしかない。
J−ポップを巡る音楽文化は、アニメに続く第2の日本ブームになると信じている」と
話している。

毎日新聞なので記事内容はなんかちぐはぐだがこの部分は興味深い。サム・レジスター氏はがしがし(「Hi Hi Puffy AmiYumi」の別名)をアメリカでJ-POPを売るための尖兵と位置付けているようだ。そういえばANIME INSIDERでパフィーを絡めたJ-POPの特集を組んでたっけな。

「日本だからこうしよう、アメリカだからこうしようというのは考えていない」(吉村)

大貫も「たまたま日本語ブームに乗っかったという感じ。ただ日本ブームと言えど、
私たちは伝統音楽をやってるわけじゃない。米国人が何を聴きたいかというのはナゾですね」
と語る。

パフィー的にはがしがしのヒットはどうでもいいらしい。そりゃそうだ。ウケてるのは”PUFFY AMIYUMI”であって”吉村大貫のパフィー”じゃないんだから。

「ハイ!ハイ!パフィー・アミユミ」は日本に逆輸入され、4月29日からスカパー!の
パーフェクト・チョイスで1カ月間放送される。

PPVにするほどのもんじゃないよなぁきっと。CNってこういうときすぐ数字目当てでガツガツするから印象悪い。