ふとんのなかから

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫にかかったあとだらだらしている人のブログ

学園捜査官イングリッド・サード

このところ録画するために「学園パトロールフィルモア」を見直してますが、さすがに二周目ともなるとどうも気になる点というかアラが見えてきます。まず、このアニメは80年代の刑事ドラマのフォーマットを基にしてるだけに推理が行き当たりばったりで逮捕劇として見応えがない。何しろフィルモアが”犯人は分かった”とばかりに自信満々で「ビンゴ!」というときは必ず推理が間違ってるんですから。そして次に80年代風の味つけをしてイマイチ感を醸し出してるのが無駄なアクションシーン。特に「フィルモアはよく物を壊す」という設定を忠実に守ろうとして半ば無理矢理に行われるチェイスシーンはけっこう蛇足感があります。


早い話が「ちょっと古い」んですね。でも題材やキャラクターはいいのにこのまま埋もらせるのはもったいない。というわけで私はこういうスピンオフシリーズを提案します。思い切ってフィルモア君は退場!で、イングリッドとテハマが新コンビ。アクションシーンはなし。現場と鑑識、推理と物証から犯人を追いつめる本格学園刑事ドラマにするのです。まぁ要はX中学を舞台にした「CSI:マイアミ」が見たいなぁということなんですが(笑)。絶対いけると思うなぁ。誰か企画書書きませんか。